近藤嘉宏 ピアノ名曲ベスト・セレクション 2006.6.11

b0096821_1342574.jpg
近藤嘉宏さんのピアノコンサートに行って来ました。
会場は札幌コンサートホールKitara、大ホール。
日曜の昼下がり、ピアノの名曲とともに優雅な時間を過ごして来ました。(^^)

プログラムは次の通りです。

ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」、夢
ラヴェル:水の戯れ
ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調Op.3-2[クレムリンの鐘」、ヴォカリーズ
アルベニス:組曲「スペイン」より前奏曲
グラナドス;スペイン舞曲より「アンダルーサ」
バラキレフ:東洋風幻想曲「イスラメイ」
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調「遺作」、ノクターン第10番 変イ長調、
幻想即興曲 嬰ハ短調Op.66、スケルツォ第3番 嬰ハ短調
リスト:ラ・カンパネラ、愛の夢、超絶技巧練習曲より第4番「マゼッパ」

●アンコール
ショパン:ノクターン第8番 変ニ長調
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調第2楽章
ショパン:英雄ポロネーズ

近藤さんのコンサートを聴くのは2002年の9月以来二度目です。

近藤さんは毎年のように札幌にいらしていて、名曲コンサートを行っていらっしゃいますが、今年の選曲はどなたでも知っているいわゆる超有名曲と、ピアノやクラシックに興味関心がある方、勉強されている方に人気がある有名な曲とがバランス良く散りばめられていて、味わいのあるラインナップと思いました。このラインナップを聴きたいと言って、とても楽しみにしていたのは実は娘のびびでした。
ところが、そのびび、熱を出してしまい、残念ながら行けず。
代わりに体が空いていた義姉を誘い、二人で行って来ました。

いや〜、舞台に現れた近藤さん、四年前と変わらず、実に爽やかな身のこなしです。

さっとピアノの前に座り、「月の光」の最初の音が響いた途端、パッと場の空気が変わりました。何と美しい・・・としみじみ・・・。

続く「夢」、出だしの左のアルペジオがポワンとしてふわっと浮いているような感じ。まさしく夢の中、夢見心地です。すごい、巧みなペダル使いのなせる技ですね。その伴奏に誘われて、幻想的な右のメロディが重なって行きます。
ああ、いいなあ、やっぱりこの曲好きだわ〜、と半ば泣きそうになりながら聴き入りました。

「水の戯れ」、これは面白かったです。私が弾いたのとはあまりにも違っていて。(笑)
キラキラと輝く水の玉が様々に姿を変えて行く様子がすごく良く表現されていると思いました。が、何と言うか、曲想の変わり目などで少し間がありすぎ、流れが止まってしまったりするのは少し残念かとも。

ラフマニノフは「ヴォカリーズ」が良かったですね。元々聴いているだけで涙が出てしまうほど大好きな曲なのですが、何声にもなる音の重なりから、哀愁を帯びたメロディがくっきりと浮かび上がり、胸を打ちます。
近藤さんご自身による編曲なのですが、やっぱりコーダの高音部での主題の再現部分が何ともいいです。たまらなく切なくて美しくて、やはり泣いてしまいました。

躍動感あふれるスペインもの、「アンダルーサ」はギターの音が聴こえてくるようでした。

前半のトリ、「イスラメイ」。これはとにかく楽しかった。難曲として知られていますが、踊りたくなるような楽しさにあふれた演奏でした。

途中何度か小休止のため舞台袖に引っ込んでまた出てこられるのですけれど、いずれもスタスタスタッとピアノの前まで来て、すっと四方にお辞儀、そして
パッと座り、黒地のハンカチをこれまたパッと置くや否や、すぐに曲が始まります。
すごく弾き始めるのが早い!それでいて、静かで優しい音も、地底を轟かす強い音も
すぱっと狙った通り出しちゃうんですよね。
なんかその一挙一動から、何もかもが誠にスマート。
義姉は「この人の演奏は胃にもたれなくていい」^^;と言っていましたが、すごく的を射ていると思いました。

休憩を挟んでショパンです。
ここでは断然ノクターンが良かったです。有名な「遺作」も良かったですが、あまり聴くことがない10番が、とても清々しく印象的でした。

さて、リストです。
実は今回のコンサートで、私が一番良かったと思ったのは「ラ・カンパネラ」でした。
けっして技巧の華々しさや大げさなアクションが前に出ることなく、終始、澄んだ鐘の音が幾様にも鳴り響いて、あまりの美しさに私の魂は揺さぶられました。
久々に素晴らしい「カンパネラ」を聴きました。

渾身の演奏「マゼッパ」では視覚的なお楽しみどころも満載で、私たち観客は大いに堪能しました。神々しいフィナーレを飾って、さすがに近藤さんにも疲労の色が・・・。
あまり長い曲はないとはいえ、これだけのヴァラエティ豊かな曲たちを色とりどりに弾き分けるのは肉体的にも精神的にもものすごく大変なこと、と改めて思い、私も心からの拍手を送り続けました。

そんな拍手に応えてアンコールは三曲。最初のノクターンを聴くと、やっぱりこの方のノクターンはいいなあと再認識。
近藤さんは抜群のテクニックもあり、超難曲もさらりとお弾きになる訳ですけれども、私はどちらかと言うと近藤さんが静かでしっとりと流れるような曲を弾かれる方が好きです。
ただ、コンサートの最中でも何度か感じたのですが、ペダルの残響が少々耳障りなところがあり、せっかくの麗しいき響きが濁ってしまっていたのは非常にもったいないなと思いました。
続くモーツァルト、もう純真でこれこそ心が洗われる、と言った表現がぴたりとはまる演奏でした。
そして、お得意の「英雄ポロネーズ」がやはり?登場!だいぶお疲れだったと思うのですが、そんな色は微塵も見えることなく、とことんかっこ良く、力強く、バシッと決めてとコンサートを締めくくってくれました。場内は興奮の坩堝です!!ブラウ゛ォ!

舞台上にはまたいつもの近藤スマイルに戻った近藤さんが、深々とお辞儀をしていました。
私と義姉もすっかり舞い上がって拍手していたのは言うまでもありません。

で、舞い上がりついでに四年前は遠慮したサイン会にも並んでしまいました。^^;
私が行ったときにはすでにものすごい列。見ればみなさん、CDを何枚も抱えていらっしゃったり、ちゃんとしたデジカメなど用意されています。
うわあ、Jクラシック界のプリンスと呼ばれる近藤さんの凄まじい人気を目の当たりにし、ただのミーハーな私は正直怖じ気づきました。
が、目の前に現れた近藤さんは(わ!顏小さい、ホントにかっこいい!!(*_*;)、
大仕事を終えたとは思えないほど実に爽やかで
私が家から持って行ったラヴェルのCDにこれまた、慣れた様子でささっとサインをしてくださいました。
「素晴らしかったです」と言うと「ありがとうございます。あ、ちゃんと乾かしてくださいね(←サインに対して)」とおっしゃって、にこっと近藤スマイル♪
わあ、本当に果てしなくスマートな方なのだわ、とちょっとぽ〜っとしてしまった私です。^^;

義姉とも「ホントに爽やかだったね〜。良かったね〜」を何度も繰り返し、私たちは帰路につきました。
久々に青空になった初夏の札幌にとても相応しいコンサートでした。(^^)v

びびは、今日(12日)になって熱も平熱になり、回復へ向かっています。次回の近藤さんのコンサートはぜひぜひ、びびと一緒に行きたいと思います。
[PR]
by pianoix | 2006-06-12 17:44
<< 札幌交響楽団第490回定期演奏... クリスチャン・ツィメルマンピア... >>